布ナプキンで生理痛を軽減。

生理痛が昨年あたりからほとんどなかった私なのですが、出てくるようになりました。歳のせいもあるのかもしれませんが・・・

痛み止めを飲むまでもは行かないのですが、痛いと感じることが多いです。その痛みを少しでも和らげるために、普通のナプキンから布ナプキンに変えました。これは生理痛の軽減にもなるみたいなんです。

参考にどうぞ→布ナプキン※生理痛がひどかった私のおすすめ布ナプを紹介するね。

話は変わりますが、私のスキンケアについて少し書いてみようと思います。

コラーゲンという物質は、人間や動物の身体を構成する最も主要なタンパク質として、皮膚、骨、軟骨、靭帯、血管など身体の中のいろんな組織にあって、細胞をつなげ組織を支えるための接着成分のような重要な作用をしていると言えます。
セラミドというのは人の皮膚の表面にて外界から入る刺激を阻む防波堤の様な役目を担い、角質層のバリア機能という働きをこなす皮膚の角質層に含まれる非常に大切な成分を指すのです。
食品として体の中に摂取されたセラミドは一旦分解されて違う成分に変異しますが、それが表皮に届いてセラミドの生成が促進され、表皮においてのセラミド量が増加するとされています。
気になる毛穴のケアについて調査した結果、「収れん作用のある化粧水などをつけてケアを工夫している」など、化粧水を使用してケアを行っている女性は全体から見て2.5割ほどにとどまるという結果になりました。
化粧品に関わるたくさんの情報が巷にたくさん出回っている今の時代、実情として貴方に合う化粧品に行き当たるのはちょっとした苦労です。はじめにトライアルセットで体感してもらえればと思います。

身体の中では、次々とコラーゲンのアミノ酸への分解と再合成が活発に繰り返されています。老いてくると、このうまく釣り合っていたバランスが変化してしまい、分解の比重が増えてきます。
歴史的な絶世の美女として後世に語られる女性達がプラセンタを美容や健康の維持と若さの保持を目的として使っていたとそうで、古くからプラセンタの美容に関する効果が知られて活用されていたことがうかがい知れます。
ここに至るまでの様々な研究のお蔭で、プラセンタの多様な有効成分の中には単純な栄養素である栄養成分のみならず、細胞が分裂する速度を上手にコントロールすることのできる成分がもとから入っていることが発表されています。
一言で「美容液」と言っても、幅広い種類がありまして、一口に片付けるのは出来ませんが、「化粧水と比べて多めに効果の得られる成分が使用されている」とのニュアンス と同じような感じです。
プラセンタという成分は美肌化粧品や美容サプリメントに配合されていることはかなり知られたことで、新しい細胞を作り、代謝を高める能力により、美肌と健康にその効果を発現させます。

皮膚表面にある表皮には、硬いケラチンタンパク質からできた強い角質層で覆われた層が存在します。この角質層を形成する細胞の間を充填しているのが「セラミド」と称される生体内脂質の一つです。
コラーゲンが不足状態になると皮膚の表面は肌荒れが起こったり、血管の中の細胞が剥がれ落ちて出血につながってしまう場合も度々あります。健康を守るためには必要不可欠な物と断言できます。
お肌の真皮の7割がコラーゲンから成り立ち、角質細胞の隙間をセメントのように埋めて繊維状に存在しているのです。肌のハリを保ち、シワのない滑らかな肌を持続させる真皮層を構成する主要な成分です。
化粧水を使う際に、だいたい100回くらい掌でパッティングするという方法があるようですが、このようなことは正しくありません。ストレスなどで肌が弱っていたら毛細血管の損傷が起こり俗に「赤ら顔」と言われる症状のもとになります。
巷では「化粧水をケチるとよくない」「豪快に浴びるようにつけた方がいい」という表現を聞きますね。明らかに潤いをキープするための化粧水の量は足りなめの量よりたっぷりの方がいいと思われます。

 

 

借金を繰り返す父親。

こんにちは。

私は、25歳の看護師で、私が小学生のころに両親は離婚をし、私は母親と暮らしていました。今は一人暮らしをしています。

両親が離婚をした理由は父親の借金でした。父は、ギャンブルが好きで毎日の様にパチンコに行って帰りが遅く、遊んでもらったり、どこかに連れて行ってもらった記憶がほとんどありません。

母親は、父が全く生活費も入れてくれていなかったので毎日朝から晩まで働きづめでした。私と妹を必死に育ててくれました。

こんな父親でもわたしたちの親であることには変わりがないから、母は私たちのために離婚を我慢していたそうです。でも、限界っていうものがあり、母は離婚を決め、私たちを引き取り育てることを決めたようです。

その話を聞いたのは私が高校生になってからですね・・・

現在母は、妹と一緒に暮らしています。父と住んでいた時よりもイキイキとしていますし、毎日が楽しそうです(^◇^)片親っていうのが少し嫌な時期もありましたが、今の母を見ているとあんな借金を作り、全く家にいない父親なんていなくて良かったと心から思いますね。

父はというと、未だに借金をしたりしているそうです。たまに見ることがあるのですが、もう落ちぶれていますね。。。汚い格好をしてその日しのぎな感じで生活しているようです”(-“”-)”あれが父親だと思いたくないですが、父には変わりないことが辛いです((+_+))

これからも借金を繰り返して生きていくんでしょうね。。。その借金の返済が私たちに来ないことを願うばかりです(+o+)